官庁Authorities

官庁教育 / 兵庫

神戸市西区に高等特別支援学校を整備/延べ6300平方㍍を想定/兵庫県

2014.01.22

兵庫県は神戸市西区に職業教育を主体とした高等特別支援学校を整備する。神戸ワイナリー(市立農業公園)内の敷地約2万平方㍍に校舎と体育館、プールを建設、延床面積は約6300平方㍍を見込む。整備費は約18億円。2014年度に基本・実施設計を済ませ、15、16年度に建設、17年4月の開校を目指している。

神戸市西部・東播磨地域で特別支援学校高等部に進学する生徒が増えていることに対応する。対象種別は知的障害で、設置学部は高等部(職業科)。規模は1クラス当たり8人の1学年6クラスの計3学年。通学区域は県内全域を対象とする。

校舎は18教室で構成する普通教室(延べ約1300平方㍍)、理科室や音楽室、陶芸室、美術室などの特別教室(延べ約1200平方㍍)、校長室や事務室、職員室、図書館などのその他(延べ約2600平方㍍)の合計5100平方㍍。このほか、バレーボールコート2面の体育館(約900平方㍍)とプール(約300平方㍍)を備える。

建設地は西区押部谷町で、神戸市から建設用地の無償貸与を受ける。整備費は設計費と建設費の合計として約18億円を予定している。

2014.01.22

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む