民間Private

民間事務所 / 大阪

淀屋橋駅東・西両地区の都市計画案を公表/容積率の最高限度を1600%に引き上げ/大阪市会員専用

2019.05.30

大阪市は、大阪市中央区の淀屋橋駅東地区と西地区について都市計画案を公表した。両地区を都市再生特別地区に変更し、容積率の最高限度を1600%に引き上げる。約0・5㌶の東地区は再開発によってオフィス機能やビジネスサポート機能、にぎわい機能を、約1・7㌶の西地区はオフィス機能やにぎわい機能を導入する。西地区は第一種市街地再開発事業として進め、28階建て延べ約13万平方㍍の再開発ビルを2021年度から24年度にかけて開発する。

【左=東地区、右=西地区】

淀屋橋駅東地区 淀屋橋駅西地区

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2019.05.30

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む