民間Private

民間交通関係 / 兵庫

神戸三宮駅に可動式ホーム柵を設置/21年春ごろまでに完成/阪神電気鉄道

2019.06.11

阪神電気鉄道(大阪市福島区)は、神戸三宮駅(神戸市中央区)の1番線と3番線に可動式ホーム柵を設ける。駅ホームからの転落事故などを防ぐためで、2021年春ごろまでに完成させる。阪急電鉄も5月末に神戸三宮駅への可動式ホーム柵の設置を発表しており、同時期までに設置する計画だ。

【設置イメージ】

可動式ホーム柵

梅田方面ゆきの1番線ホームと、元町方面ゆきの3番線ホームに設ける。大開口(二重引き戸)型で、可動扉部の一部は透過型とする。2番線は阪神の車両と近鉄の車両が停車し、扉の位置が行ってではないため、現時点では可動式ホーム柵の設置が技術的に困難なことから今回の設置は見送った。

2019.06.11

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む