民間Private

民間宿泊 / 大阪

新今宮で建設中のホテルの開発主体に20億円を出資/星野リゾートと連携、南海沿線の魅力を旅行者に発信/南海電鉄会員専用

2019.06.24

南海電気鉄道(大阪市浪速区)は、大阪・新今宮で星野リゾート(長野県軽井沢町)が整備する観光ホテル「星野リゾート OMO7 大阪新今宮」開発計画に対して、開発主体となる特定目的法人に20億円を出資した。18日に契約を結んだ。星野リゾートと連携し、ホテルに滞在する旅行者に南海電鉄沿線の魅力や観光資源の情報を発信する。ホテルは2021年11月の竣工、22年4月の開業を目指している。

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2019.06.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む