民間Private

民間事務所 / 大阪

大阪ビル本館・別館の建て替えが始動/15日から解体工事/三菱東京UFJ銀行

2014.10.05

大阪・御堂筋沿いの「三菱東京UFJ銀行大阪ビル」の本館と別館の建て替え計画の詳細が分かった。本館は21階建て最高高さ104・50㍍、別館は18階建て93・99㍍で、主要用途はいずれも事務所(銀行)。三菱東京UFJ銀行が建築主となり、設計は三菱地所設計東畑建築事務所JV、施工は大林組錢高組大末建設JVが担当する。両館とも15日から解体工事を始める。新築工事は別館が2015年5月末から、新館は7月末から着手し、ともに17年11月末の完成を目指している。延べ計8万平方㍍規模の大型オフィスプロジェクトがいよいよ始動する。

【現在の大阪ビル本館は15日から解体工事に着手する】

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館

プロジェクトは御堂筋沿いの「三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館」と、本館の東側に建てる「三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館」の2棟で構成する。両棟はビルの中層階で渡り廊下によってつなぐ。

本館の規模はS造(地上)一部SRC造(地下)地下3階地上21階塔屋2階延べ4万8855平方㍍。建物高さは101・30㍍、最高高さは104・50㍍。建設地(地番)は大阪市中央区伏見町3-10-1と高麗橋3-30。住居表示は伏見町3-5-6。敷地面積は3178平方㍍で、このうち2353平方㍍を建築面積に充てる。

別館の規模はS造(地上)一部SRC造(地下)地下3階地上18階塔屋2階延べ2万9689平方㍍。建物高さと最高高さは同じ93・99㍍。建設地(地番)は大阪市中央区伏見町3-1と高麗橋3-41。住居表示は伏見町3-4-13。敷地面積は2306平方㍍で、このうち1593平方㍍を建築面積に充てる。

【現別館も同時に建て替える】

三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館

本館の壁面は御堂筋の道路境界線から約4㍍後退させる。三菱東京UFJ銀行は周辺のビルに分散している事務所を新ビルに集約する。1階にはカフェやギャラリーを設ける予定だ。地下鉄淀屋橋駅と直結する地下通路はバリアフリー化する。両棟の計画に関連して都市再生特別地区を変更、容積率は本館部を1400%、別館部を1150%に引き上げていた。容積対象面積を敷地面積で除して求める容積率は、本館が実際には1332%、別館が1096%となっている。

現在の本館は1955年に完成した旧三和銀行の本店ビルで、規模は地上8階建て。施工は大林組が担当した。

2014.10.05

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む