経営Management

経営マーケット /

20年秋に基本計画を策定/情報を積極発信、意見の集約めざす/日本国際博覧会協会

2019.07.25

一般社団法人2025年日本国際博覧会協会(大阪市住之江区)の石毛博行事務総長が25日、大阪市中央区の大阪商工会議所で万博に対する取り組みについて会見した。20年秋ごろに基本計画の策定を目指し、各専門分野の有識者の知見を反映させながら調整していく。現在は経済産業省と共同で、開催の5年前までに博覧会国際事務局(BIE)に提出が要求される登録申請書の準備を進めており、年内の提出し、20年6月には承認を得る予定だ。

【会見風景】

IMG_0916

秋ごろにロゴマークの公募を始め、20年春にはロゴマークを策定する。8月21日に大阪商工会議所で開催する万博シンポジウムや、8月28日に横浜市西区で開かれるTICAD7(第7回アフリカ開発会議)でも万博を積極的にPRする。

石毛事務総長は、「日本の活性化につながる絶好の契機。情報の発信を強化し、いろんな立場からの意見を集約・反映させて、よりよい万博を目指す」と語った。

2019.07.25

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む