官庁Authorities

官庁庁舎 / 滋賀

本庁舎を増築、14年度から基本設計/整備事業費は24億円/高島市

2014.01.24

滋賀県高島市は「市本庁舎・支所整備方針(案)」を策定した。3カ所に分散している庁舎を、現在の本庁舎を増築して統合する。現在の本庁舎は延べ5390平方㍍だが、これを増築して9590平方㍍に増やす。2014年度に地質調査と基本設計、15年度に実施設計、16、17年度に建築工事を実施する。整備事業費は24億円を見込む。

本庁舎、今津地域にある市役所別館(土木交通部と上下水道部)、安曇川地域の安曇川支所(教育委員会)を、1993年に整備した本庁舎に統合する。既存庁舎はRC造地下1階地上3階建て延べ5390平方㍍で、これにS造3階建て延べ4200平方㍍を増築する。基礎は直接基礎だが、免震構造を採用する。

14年度にまず免震用の地質調査を実施、続いて基本設計を行う。15年度は実施設計を進めるとともに、外構撤去・改修も実施する。16年度からは2年かけて建築工事、外構撤去・改修、改修工事する。建設地は高島市新旭町北畑565ほかの敷地面積1万9279平方㍍。

事業費は委託費が1億1296万円、工事費が22億8800万円を予定している。財源は合併特例債が22億8070万円、一般財源が1億2026万円の計画だ。

2014.01.24

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む