不動産Real Estate

不動産入札結果 / 奈良

長龍酒造に売却、クラフトビアバーなど新設/町立広陵北幼稚園跡地のプロポ/広陵町

2019.12.10

奈良県広陵町は、町立広陵北幼稚園跡地を売却するプロポーザルを実施し、長龍酒造(広陵町)を売却事業者に決めた。売却価格は1億2785万5700円。隣接する長龍酒造広陵蔵敷地内で醸造したクラフトビールが飲めるクラフトビアバーを新設する「タップルーム」のほか、地域の広場としてBBQ設備も検討する「パブリックスペース」などを設け、2021年4月の稼働を目指す。

【長龍酒造が提案したイメージパース図】

pa-su

事業趣旨は「お酒のある豊かな生活を提案し地域に貢献する」で、日本国内外からの観光客を誘致する。クラフトビアバーは土日祝日のみ営業し、キッチンカーの導入も検討する。パブリックスペースは地域の広場として常時開放し、花見やクラフトビアイベント、地域の催しに使う。タップルーム前には大屋根を設け、雨天などにも対応、高田川の桜など町の花を植える。

【敷地の現状】

無題

敷地の所在地は、広陵町大字南7-1の敷地4504平方㍍。用途地域は第1種住居地域で、建ぺい率が60%、容積率が200%。広陵北幼稚園と広陵北保育園を統合し、17度に「広陵北かぐやこども園」を開設したことから、広陵北幼稚園跡地は未利用地となっていた。

2019.12.10

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む