経営Management

経営宿泊 / 大阪

大阪のホテル客室数ランキング上位に変動/大型ホテルが相次ぎ開業/アパホテルが躍進

2019.12.17

大阪で大型ホテルの開業が相次ぎ、「客室数ランキング」の上位に変動が生じている。1030室の「ホテル阪急レスパイア大阪」(大阪市北区)が11月27日に開業、大阪のホテル客室数ランキングで長年にわたって首位を守るリーガロイヤルホテル(大阪市北区)の1042室に次ぐ2位に浮上した。その20日後の17日には、913室の「アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉」(大阪市中央区)がオープンし、4位にランクイン。特に注目を集めるのがアパホテルの躍進で、22年末に梅田に1709室、23年秋には難波に2064室のホテルを計画しており、今後3年でランキング上位の顔ぶれが大幅に入れ替わることになる。

【17日に開業したアパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉】

20191217_02

17日に開業した「アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉」を加えた最新の「大阪版ホテル客室数ランキング」は、1位が「リーガロイヤルホテル」、2位が「ホテル阪急レスパイア大阪」、3位が「大阪新阪急ホテル」、4位が「アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉」、5位が「アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉」となっている。運営会社別で見ると、阪急阪神第一ホテルグループが2ホテル、アパホテルが2ホテル、ロイヤルホテルが1ホテルと計3社で上位を占めていることが分かる。

730室の「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)は11月13日に開業し、ランキングの5位にいったん入ったものの、「ホテル阪急レスパイア大阪」の開業によって、わずか半月で上位5位から消えた。

【最新のホテル客室数ランキング(大阪)】

 ホテル名 所在地 客室数
1位  リーガロイヤルホテル 大阪市北区 1042室
2位  ホテル阪急レスパイア大阪 大阪市北区 1030室
3位  大阪新阪急ホテル 大阪市北区 961室
4位  アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 大阪市中央区 913室
5位  アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉 大阪市西区 853室

これまで大阪では1ホテル当たりの客室数は1000室程度が上限となっていたが、22年末以降は一気にこれが崩れる。22年末に開業する「アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉」(大阪市北区)はリーガロイヤルホテルを大きく引き離す1709室を供給、さらに23年秋には大阪で初の2000室台となる「アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉」が大阪市浪速区に開業する。わずか1年弱の間に首位が2度も入れ替わり、し烈さを増す大阪のホテル間競争に大きな影響を与えそうだ。

【2023年秋時点のホテル客室数ランキング予想(大阪)】

 ホテル名 所在地 客室数
1位  アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉 大阪市浪速区 2064室
2位  アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 大阪市北区 1709室
3位  リーガロイヤルホテル 大阪市北区 1042室
4位  ホテル阪急レスパイア大阪 大阪市北区 1030室
5位  大阪新阪急ホテル 大阪市北区 961室

 

2019.12.17

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む