経営Management

経営共同住宅 /

境内にホテルやマンションを建設する事例が増加/京都・岡崎別院や神戸・小野八幡神社など/敷地賃借で施設の更新費など捻出会員専用

2020.04.08

寺や神社の境内に、不動産会社がホテルやマンションを建てる事例が増えている。大阪・南御堂にホテルが2019年11月に開業、京都の岡崎別院ではホテルが、神戸の小野八幡神社ではマンションの建設がそれぞれ進む。大阪・ミナミの三津寺でも全面改築に合わせて、ホテルが併設される予定だ。老朽化による施設の更新費を捻出するなどのために、敷地の一部を賃借する動きは今後も増えそうだ。

【19年11月に開業した大阪・南御堂のビル】

南御堂

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2020.04.08

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む