その他

その他メガソーラー / 大阪

最高得点取得者は泉佐野丘陵自然電力共同事業体/泉佐野丘陵1・6㌶に太陽光発電施設を整備/大阪府

2014.11.07

大阪府は泉佐野丘陵民間施設用地(敷地1万5513平方㍍)の活用事業者を公募し、最高得点取得者として泉佐野丘陵自然電力共同事業体を特定した。発電能力約500㌔㍗の太陽光発電施設を整備する。基本協定の締結に向けて協議を始める。協議が整い次第、土地の賃貸借契約を結ぶ。運転は2016年2月から始める予定だ。

泉佐野丘陵自然電力共同事業体の1者のみが公募に申し込んだ。事業体は自然電力が代表企業を務め、juwi自然電力PETRYの計3社で構成する。府は周囲の府営公園と調和する施設または公益の増進に貢献する施設や賑わいを創造できる施設を求めた。

敷地は泉佐野市の丘陵地に位置し、大阪府がこれから府営公園として整備している「泉佐野丘陵緑地公園(仮称)」と相乗効果を期待でき、地域の活性化に役立つ民間施設の誘致を目指していた。所在地は大阪府泉佐野市上之郷77。棚田の現地形のまま引き渡す。

2014.11.07

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月1,800円(税込)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月1,800円(税込)でお読みいただけます
※年払いの場合

有料会員に申し込む