経営Management

経営インタビュー /

【インタビュー】建築学生特化型のインターンマッチングサービスを6月にもリリース/コロナ収束まで企業も利用料を無料に/ArchiTech・伊藤拓也社長

2020.05.14

建築系スタートアップのArchiTech(京都市左京区)は、建築学生特化型のインターンマッチングサービス「BEAVER WORK」を6月にもリリースする。建築設計を学ぶ学生と、設計事務所などの企業をつなぎ、実務を経験する機会を学生に提供する。当面はリモートでのインターンを条件に、コロナ収束まで企業側も無料で募集できるようにする。サービスの認知度を高めるなどのため、クラウドファンディングにも取り組んでいる。「学生のうちに少しでも多くの企業を知り、実務の世界を覗き、視野を広げた上で進路を選べる環境をつくりたい」と話す伊藤拓也社長にウェブ会議システムを使ってインタビューした。

ArchiTech・伊藤社長

――開発中の新サービスは誰に何を提供するのか。

「大学・大学院や専門学校などで建築を学び、インターンを希望する学生と、インターンを受け入れたい建築設計事務所や建設会社の出会いの場をつくるサービスです。学生と企業のインターンをマッチングするサービスはありますが、建築学生に特化したサービスはこれまでありませんでした。建築学生に対象を絞ることで、マッチングの効率が飛躍的に高まります」

――建築学生は従来、どのようにインターン先を探していたのか?

「サービス開発に向けて調査したところ、学生はインターン先を探す時に、知っている設計事務所などをインターネットで検索し、アプローチすることが多いことが分かりました。その結果、有名な大手やアトリエ系の設計事務所に応募が集中し、インターンの機会が一部の学生に限られていました」

「しかし、大手やアトリエ系の設計事務所以外でも、インターンを募集したい設計事務所は数多くあります。学生にとっても狭い視野の中で見える限られた選択肢からしか進路を選べないことは、とてももったいないことだと思っていました」

――建築学生は、インターン先でどのような業務に携わっているか?

「圧倒的に多いのが、企業側として学生にも任せやすいCADを使った図面の修正や、模型づくりです。ただ、学生としては従来の授業の延長線でしかなく、もっと実務を知りたいという要望をよく耳にします。たとえば、建築主との打合せに同席したり、確認申請など行政への提出書類の作成補助などは、インターンにも可能ですし、より実務に近い経験を積めるのではないでしょうか」

――建築学生向けにすでに2つのサービスを提供しているが、新サービスのリリースまでに時間がかかった理由は?

「当社は、設計作品を共有できる『BEAVER SHARE』と、CADをオンラインで学習できる『BEAVER STUDY』の2サービスを1年半前に先行してリリースしました。ただ、新サービスはある程度の学生を集めていないと、企業側が募集するメリットがありません。そのため、時間がかかりました」

「現時点までに大学など150校近くの1600人を超す建築学生が当社のサービスを利用しています。学生数も順調に増えてきたため、満を持して新サービスの投入を決めました」

【開発中サービスのインターンシップ検索画面】

cover5

――4月27日からはクラウドファンディングを始めたが、その目的は?

「クラウドファンディングの目的のひとつは、サービスの開発資金ですが、実はそれほど重きは置いていません。クラウドファンディングを採用した理由は、サービスをより多くの人に知ってもらいたいという広報的な意味合いの方がメインとなります」

「クラウドファンディングは目標額を100万円としました。当初はコロナの影響に加えて、ゴールデンウイーク中だったため、企業に対するアプローチが遅れていますが、これから本格化させます。一方で、学生は自宅で過ごしている方がほとんどで、将来に向けて情報収集している人も多く、学生側の反応には手応えを感じています」

――新サービスのリリース後、当面は企業側も無料にした理由は?

「コロナ収束までは、企業も無料でインターンを募集できますが、ひとつ条件があります。それは、リモートで参加できるインターンプログラムを用意することです。そういった経験を持つ企業はほとんどないと思います。そもそもこのような時期に、インターンを募集する会社自体が少ないでしょう。一方で、学生側は将来への不安もあり、少しでも実務を経験したいとインターンのニーズは高まっています。そういった学生の要望に応えるとともに、この機会を前向きに捉える企業を応援したいという思いもあり、当面の無料化を決めました」

「無料の期間は、コロナが収束するまでとしましたが、個人的には年内は無料を考えています。60社の企業登録を目標に、リリース後も使いやすいサービスにブラッシュアップしていきます」

▽事前登録用ページ「BEAVER WORK

(いとう・たくや)京都大学工学部建築学科卒、京都大学大学院工学研究科(建築学専攻)の大学院生時にTHE PERS(現ArchiTech)を2018年に起業し、代表取締役社長に就任。大阪市のスタートアップ支援プログラム「OSAP」などにも採択された実績がある。

2020.05.14

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む