官庁Authorities

官庁 / 和歌山

優先権者の選定は21年1月ごろに変更/IR事業者の公募/和歌山県会員専用

2020.06.02

和歌山県は2日、IR(統合型リゾート)事業者を決める「和歌山県特定複合観光施設設置運営事業」の公募で、提案審査書類の提出期限などを変更すると発表した。49日間にわたって緊急事態宣言が発令されていたことを踏まえて、提案審査書類の提出期限を8月31日から10月19日に、優先権者の選定を11月中旬から2021年1月ごろに延期する。参加資格審査を、IR投資会社のクレアベスト・グループ(カナダ・トロント)の日本法人であるクレアベストニームベンチャーズ(東京都品川区)と、マカオやロシアなどでカジノ関連事業を実施するサンシティグループ(中国・マカオ)の日本法人であるサンシティグループホールディングスジャパン(東京都港区)の2者が通過していた。

【和歌山マリーナシティへのIR設置イメージ】

和歌山県IR基本構想

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2020.06.02

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む