不動産Real Estate

不動産入札結果 / 大阪

阪急阪神不動産・高松建設Gを特定、40階建て複合ビルなど建設/もと淀川区役所跡地開発/大阪市会員専用

2020.06.03

大阪市は、もと淀川区役所跡地などの市有地約5400平方㍍を借り、施設を設計・建設・運営する開発事業予定者を選ぶ公募型プロポーザルを実施し、阪急阪神不動産(大阪市北区)を代表事業者、高松建設(大阪市淀川区)を共有事業者とするグループを事業予定者に特定した。40階建ての複合施設棟には、約660戸の分譲マンション、市立図書館、スーパーマーケット、保育・学童施設などが入り、線路側の敷地には専門学校が入る8階建ての学校施設棟を整備する。これから設計を進め、2021年12月に新築工事に着手、学校施設棟は23年初、複合施設棟は25年6月の供用開始を見込む。

【提案した外観デザイン】

無題

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2020.06.03

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む