民間Private

民間物流・工場 / 大阪

大阪工場に66億円を投資/関西イノベーション国際戦略総合特区制度を活用/武田薬品工業

2014.11.14

武田薬品工業は大阪市淀川区の大阪工場に新設備を導入するため、66億円を投資する。事業開始時期は2016年4月を予定している。「関西イノベーション国際戦略総合特区」制度を活用することで、対象の機械・装置などの取得に対して法人税の特例措置を受ける。

前立腺がん、子宮内膜症の治療薬である「リュープリン」の製造工程で、外部環境や作業者から完全に隔離された無菌区域を確立するとともに、その中で複雑な操作の自動化を可能とするアイソレータ技術と産業用ロボットを組み合わせた設備を導入する。これによって細菌の混入リスクを極限レベルまで抑え、安全性の高い製品を供給する。

同社の国際主力製品であるリュープリンは世界約80カ国で販売し、1000億円超の売上げがある。

2014.11.14

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む