民間Private

民間事務所 / 京都

宿泊・健康・産業を柱にらくさいゲートウェイを創出/8・2㌶を向日市の玄関口へ/阪急洛西口駅西地区まちづくり協議会員専用

2021.01.14

阪急洛西口駅西地区まちづくり協議会(京都府向日市)は14日、向日市役所で「2020年度第1回向日市まちづくり審議会」を開いた。約8・2㌶の敷地に宿泊・健康・産業を柱とした新たな交流の場「らくさいゲートウェイ」を創出するため、阪急洛西口駅西地区のまちづくりに対する都市計画を提案した。2016年4月に設立した同協議会は、18年9月に京阪電鉄不動産(大阪市中央区)を事業協力者に選定、さらに20年8月には同社を業務代行予定者として協定書を締結するなど、阪急洛西口駅西地区まちづくりの事業化に向けて協議を進めてきた。26年度のまちびらきを目指している。

【イメージ図】

wbedrfgn4shrfy

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2021.01.14

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む