民間Private

民間共同住宅 / 大阪

施工は鴻池組に決定/南森町の超高層マンションは免震構造を採用/近鉄不動産とNIPPO

2014.12.15

近鉄不動産NIPPOが大阪・南森町に開発する超高層マンション「(仮称)南森町免震タワープロジェクト」が始動する。総戸数は131戸。解体工事に引き続き、新築工事も鴻池組が施工する。設計はIAO竹田設計と鴻池組が担当している。新築工事は2015年1月に着工し、17年2月の竣工、3月の引き渡しを予定している。

【新築工事も鴻池組が施工する】

(仮称)南森町免震タワープロジェクト

マンションの規模はRC造23階建て延べ1万2815平方㍍。免震構造を採用する。間取りは2LDK+N(納戸)から4LDKで、住居専有面積は59・12平方㍍から85・04平方㍍。駐車場はタワーパーキング68台、駐輪場は262台を備える。当初は事業者だった都市環境開発(本社・大阪市中央区北浜3-6-13、根本竜司代表)は事業協力者を務める。

【JR大阪天満宮駅から徒歩1分に位置する】

(仮称)南森町免震タワープロジェクト地図

建設地は大阪市北区東天満2-9(地番)の敷地1278平方㍍。このうち863平方㍍を建築面積に充てる。用途地域は商業地域で、容積率は800%、建ぺい率は80%となっている。南森町中央ビル跡地に建設する。JR東西線大阪天満宮駅から徒歩1分、地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅から徒歩4分に位置する。

【現地周辺概念イメージイラスト】

(仮称)南森町免震タワープロジェクト現地周辺

土地は大阪信用金庫が所有していたが、13年1月に都市環境開発に売却した後、13年10月末に近鉄不動産が取得した。その後、14年7月31日に持分の3割をNIPPOに売却している。マンションの販売は15年3月から始める予定だ。

2014.12.15

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む