民間Private

民間教育 / 兵庫

神戸のウォーターフロントに大規模アリーナが誕生/神戸市が公募した新港突堤西地区第2突堤再開発事業/NTT都市開発など

2021.03.26

神戸のウォーターフロントに、1万人規模の最先端アリーナが誕生する。水際の魅力を最大限に生かしたシンボリックなアリーナとし、プロスポーツ興行、国内外トップアーティストによる音楽興行、MICEなどに対応、年約100万人の集客効果を見込む。神戸市は「新港突堤西地区(第2突堤)再開発事業」の事業者を公募し、NTT都市開発(東京都千代田区)を代表企業とする企業連合体を優先交渉権者に選定、同社などが整備する。構成員企業は、スマートバリュー(大阪市中央区)とNTTドコモ(東京都千代田区)。2022年度に着工し、24年度の開業を目指している。

【提案された完成イメージ図(鳥観図)】

1

「KOBE Smartest Arena」と名付けるアリーナの規模は、RC・SRC・S造5階建て延べ2万5301平方㍍。最高高さは約30㍍。1万人以上可能な収容規模を誇り、ライブビューイングやオンライン配信などデジタル活用による開催形態の柔軟性も確保する。

【提案された完成イメージ図(新港第2突堤基部からの近景)】

無題

敷地の所在地は、神戸市中央区新港町130-2。事業用地は約3万8000平方㍍あり、このうちの1万9340平方㍍が公募対象となる。用途地域は準工業地域で、建ぺい率が60%、容積率が200%。土地は財務省が所有している。

【敷地の位置図】

ichizu

神戸市は、文化集客、観光商業、宿泊などの施設を複合的、またはいずれかを導入する提案を求めた。2者が応募していた。

2021.03.26

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む