官庁Authorities

官庁 / 大阪

あいりん総合センター跡地等利活用にかかる基本構想を公表/北側を福利・にぎわいゾーン、南側を労働ゾーンにゾーニング/大阪市会員専用

2021.03.30

大阪市は、「あいりん総合センター跡地等利活用にかかる基本構想(活用ビジョン)」を公表した。大阪市西成区の跡地約1㌶に対して、北側の福利・にぎわいゾーン、南側の労働ゾーン、その中間の融合ゾーンに分け、土地区画整理手法を活用して整備する。にぎわいの創出では、道の駅的機能や農産物直売所などの集客機能を持った商業施設などを想定、住民の福利では、多目的ホール、図書施設、子育て支援施設などの機能を検討する。

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2021.03.30

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む