民間Private

民間共同住宅 / 大阪

フォーシーズンズホテルが大阪市内に初進出、24年竣工/電通関西支社ビル跡地で開発中の住宅・ホテル複合超高層ビル/東京建物など

2021.04.08

東京建物(東京都中央区)とHotel Properties Limited(シンガポール)が大阪・堂島の電通関西支社ビル跡地に開発中の49階建ての住宅とホテルの複合ビルに、ラグジュアリーホテルブランド「Four Seasons Hotel」が大阪市内に初進出することが決まった。ビルは「旅とアート」をコンセプトとし、466戸の住戸や178室の客室のほか、スパリートメントやジムを備えたスパ、レストラン、カフェ、バーなどを備える。竣工は2024年を予定している。

【外観イメージ】

main

再開発プロジェクトは「ONE DOJIMA PROJECT」と命名、ビルの規模はRC造地下1階地上49階建て延べ8万2566平方㍍。住宅フロアは1-27階と38-49階の総戸数466戸のプライベートレジデンス「Brillia」とする。

一方のホテルフロアは、1-2階と28-37階の客室数178室。Four Seasons Hotels&Resorts(カナダ)が運営する。24年12月下旬の開業を見込む。

【建物上部外観イメージ】

sub1

設計は日建設計(大阪市中央区)、施工は竹中工務店大阪本店(大阪市中央区)が担当している。建設地は、大阪市北区堂島2-17-5(地番)の敷地4828平方㍍。工事は20年8月1日に着工した。

土地は、東京建物が電通から17年12月に取得していた。電通関西支社は17年11月に中之島フェスティバルタワー・ウエスト(大阪市北区)に移転していた。

2021.04.08

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む