不動産Real Estate

不動産入札公告 / 大阪

淀川連絡線跡地の利活用事業で開発事業者を公募/対象は9400平方㍍/大阪市会員専用

2021.04.15

大阪市は、淀川連絡線跡地の利活用事業で公募型プロポーザルによって開発事業予定者を決める。跡地のうち、北側の区画を除く3区画の計約9400平方㍍が対象。2019年12月に策定した「淀川連絡線跡地の活用計画」によると、跡地に対して「子どものスポーツ・遊び場など緑地・公園等の整備」、「活力ある地域社会の実現、子育て世代の誘導」、「安全・安心のまち、地域防災への貢献」、「広域的な緑のネットワークの創出」の4つの活用方針を定めている。予定価格は23億1555万円。

【対象地の位置図】

無題

この記事の続きは、
有料会員のみが閲覧できます。

ユーザー名、パスワードを忘れた方はこちら

未会員の方へ

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます。

有料会員に申し込む

2021.04.15

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む