民間Private

民間事務所 / 大阪

大阪・万博記念公園駅前に1・8万人収容のアリーナやホテル、オフィス、商業、マンションなど大規模開発/三菱商事都市開発などのグループを選定/大阪府

2021.05.19

大阪府は、万博記念公園駅前周辺地区の活性化に向けた事業者を公募し、三菱商事都市開発(東京都千代田区)、米ライブビジネス大手のアンシュッツ・エンターテイメント・グループ(AEG)、関電不動産開発(大阪市北区)で構成する共同企業体を事業予定者に選んだ。最大1万8000人を収容するアリーナを中心に、商業・カジュアルホテル棟、ホテル棟、オフィス棟、共同住宅を整備する内容を提案した。2023年に工事に着手し、27年の第Ⅰ期(アリーナなど)開業を計画する。第Ⅱ期以降は32年以降、37年までに順次開業させる。

【事業予定者が提案した全体イメージパース】

無題

大阪府は、大規模アリーナを中核とした大阪・関西を代表する新たなスポーツ・文化の拠点づくりを目指す提案を求めた。施設を民間事業者が整備し、運営する民設民営方式を採用する。敷地は全体で約16・9㌶。2者が応募提案していた。

事業予定者の提案によると、アリーナ棟は西日本最大級のスペックとし、延床面積は6万9550平方㍍を確保する。想定するイベント数は年165回、来館者数は年約180万人。招聘交渉可能な国際スポーツ大会として、世界フィギュアスケート選手権、プロテニスWTAツアー、NBA(北米プロバスケットボールリーグ)公式戦などを挙げている。27年秋ごろの開業を目指している。

【西日本最大級のスペックとなるアリーナ棟】

アリーナ

全体は4期に分けて整備し、第Ⅰ期はアリーナ棟や商業・カジュアルホテル棟、共同住宅を、第Ⅱ期はオフィス棟やフルサービスホテル棟、第Ⅲ期は商業棟やオフィス棟、共同住宅、第Ⅳ期はオフィス棟や共同住宅を開発する。

敷地の所在地は、大阪府吹田市千里万博公園23-17の一部ほか。大阪モノレールの万博記念公園駅の南側に位置する。敷地は駐車場や20年2月に閉館した「ホテル阪急エキスポパーク」などに使っていた。

【全体を4期に分けて整備する】

計画

2021.05.19

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む