経営Management

経営コラム /

【コラム】「ドラゴン桜」のここに注目!~コロナ禍での聖地巡礼と受験~/不動産鑑定士トシの都市Walker

2021.06.04

「バカとブスこそ東大に行け!」。そんな台詞で、毎週日曜日の夜が熱い。4月からドラマ「ドラゴン桜」の第2弾の放送が始まった。テレビ離れが進んでいると言われる若年層にも注目されるこのドラマ。今回初めてみた人、前作に続き楽しみにしている人、さまざまだろう。

Tokyo,japan/may,10,2018:gate,In,The,University,Of,Tokyo

ドラマのあらすじや内容はともかく、個人的に注目している点がある。それは主演の阿部寛でも他の俳優たちでもなく、ドラマの舞台となる龍海学園高校をはじめとしたロケ地だ。

インターネットでは各シーンの具体的な場所が紹介されている。

たとえば、ドラマの施設は「とちぎ海浜自然の家」で茨城県に、部活の体育館は埼玉県に、主演者が不良生徒をバイクで追い詰めた学内の廊下は栃木県に所在するという。このようなサイトをよく目にするのは、撮影場所に興味を持つ人が世の中に多く存在するからではないかと感じている。

この傾向は今に始まったことではない。

【コラムの続きは、別サイト『未来の地図』にで無料でお読みいただけます】

2021.06.04

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む