民間Private

民間宿泊 / 京都

JR京都駅前の2ホテルの建て替えを検討/京都タワー改修も計画/京阪電気鉄道

2015.01.09

京阪電気鉄道はJR京都駅前の「京都センチュリーホテル」と「京都第2タワーホテル」の建て替えを検討している。2020年の東京五輪を踏まえ、観光客の受け入れ体制を強化する。合わせて「京都タワー」の改修計画も検討している。両ホテルは経営統合も視野に入れており、17年度までの完成を予定している。

客室数220室の京都センチュリーホテルは1981年に開業し、11年7月に京阪電気鉄道の子会社となった。レストランのほか、バンケットルーム11会場などを備える。所在地は京都市下京区東塩小路町680。303室の京都第2タワーホテルは73年開業した。所在地は京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町570-1。両ホテルとも開業から30年以上が経ち、老朽化していることから建て替えを検討する。京都タワーは64年12月に開業し、14年12月に開業50周年を迎えた。所在地は京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町721-1。

2015.01.09

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む