経営Management

経営コラム /

【コラム】路線価発表!~ミナミの注目売買事例とドラッグストアの今~/不動産鑑定士トシの都市Walker

2021.07.02

7月1日、国税庁から相続税路線価『財産評価基準書』が発表された。具体的な場所の路線価は同ホームページを参照するとして、「路線価、6年ぶり下落=39都府県でマイナス―コロナ影響、商業地で顕著・国税庁」(時事通信社)などの報道がみられた。

IMG_9027☆心斎橋筋

そもそも、このコラムは一般の方向けであり、不動産市場にあまり詳しくない方へ、この路線価を利用する際の注意事項の一つを紹介したい。それは、今回発表された路線価とはあくまで21年1月1日現在、すなわち半年前の時点のものである。以前のコラム「大阪・キタの地価がミナミを逆転!そもそも地価調査を見る際に気をつける点とは?」(未来の地図)でも紹介したが、公的評価は価格の基準となる日(価格時点)とそれが発表される日(発表時点)にタイムラグが生じている。

この両時点の期間が長い場合、そして地価の安定していない時期にはその取り扱いに注意が必要である。まさにこの1年余りは世の中の激変期に当たり、半年というタイムラグを踏まえて、地価水準を認識すべきだろう。

さらに、21年上期には、ミナミの繁華街などの限定された地区に対して、路線価の修正が発表「大阪 ミナミの路線価 新型コロナで2回目の減額補正 国税庁」(NHK)されるなど、これまでとは異なる状況下にある。

ただ、だからといって、ミナミ界隈の不動産市場は後ろ向きばかりなのだろうか。

【コラムの続きは、別サイト『未来の地図』にで無料でお読みいただけます】

2021.07.02

建設ニュースおすすめ情報

1週間の動きを短時間で振り返る!

無料メールマガジン登録

メールマガジン登録

サイトで配信した記事のタイトル(見出し)を、分野別とエリア別に分けて1週間分まとめて確認できる便利なメルマガです。PC/携帯に対応!

登録してみる

月2,000円(税別)で、一歩進んだ情報を

建築ニュース有料会員

建築ニュース有料会員

不動産や民間工事の最新情報など、毎日配信される建設ニュースの全記事を、月2,000円(税別)でお読みいただけます

有料会員に申し込む